化粧木

本日は一般国道400号線下塩原第2トンネル(仮称)の起工式でした。抗口の前に祭場が設られ神事を斎行しましたが、抗口の上に珍しい飾り物を発見。「化粧木」という山の神を祀るとも、天照大神などを祀るとも言われていてトンネル工事では必ず飾られるもののようです。

勉強になりました

五月晴れ

昨日、今日と晴天に恵まれ良い週末です。

五月晴れというと文字通り5月の快晴を想像しますが、本来の意味は陰暦の5月・梅雨の晴れ間を指す言葉とのことです。

境内の緑も色を深めています。

 

榊も花をつけています。独特の匂いがします。

 

とちぎテレビ 取材

本日とちぎテレビの取材がありました。とちぎのふるさと田園風景百選の取材でここ石林を取材です。明日もとちぎテレビイブニング6のコーナー女子チャリの取材があります。

先日の自然観察会で教えていただいた境内の植物を紹介します

カヤラン ヤマザクラに着生しています。那須塩原市の希少野生動植物種に指定され保護されるそうです。

マムシグサ サトイモ科ですが球根や葉は有毒だそうです。

 

野木神社とニリンソウ

例年この時期、「ニリンソウはどこですか?」と訪ねてこられる方がいらっしゃいます。地方新聞やTVで紹介される「ニリンソウ」群生地は栃木県の南端、野木町の野木神社にあります。話ばかりではということで見てきました。

那須塩原ではサクラは未だ咲きませんが、県南地区はもう満開を迎えていました。

御祭神乃木大将もご自分のお名前と同じ読み方の野木神社を御崇敬なさり、度々参拝されたそうで、ご奉納の品も伝えられているそうです。野木神社とは100キロくらい離れているので、ニリンソウをお訪ねの方は間違いのないようご注意ください。

境内の池の端、厳島神社の前に群生地はありました。

野木神社の程近く、群馬県板倉町鎮座の雷電神社に立ち寄ったところ、御祭神揮毫の忠魂碑を発見しました。

乃木将軍は忠魂碑や日清日露の戦役で命を落とした軍人のご家族からの揮毫の依頼は決して断ることがなかったといわれています。よって全国各地に将軍揮毫の忠魂碑が残っています。

落羽松(らくうしょう)

境内の御手洗川のほとりにある一本の針葉樹
落羽松(らくうしょう)または沼杉(ヌマスギ)といいます。

 

針葉樹なのに秋に紅葉して葉を落とします。
湿地に育つため「気根」といわれるこぶ状の根が地面から出ます。

 

お盆

「神道の場合、お盆(特に初盆)はどのようにしたら良いのですか?」
この季節になると良くお問い合わせがあります。
お盆は日本人が旧くからご先祖の御霊を祀る行事習慣で神仏の区別はありません。
お住まいの地域の習慣に倣って行われるのが宜しいかと思います。
参考 http://jinja.jp/modules/chishiki/index.php?content_id=14#top_of_pico_body

那須乃木神社の付近では月遅れのお盆ですが、塩原温泉だけは新暦の7月お盆です。